決定!自分の車検はこうしよう

 

車検の期限が迫ってきている中、「どうしよう」と悩まれていませんか?

 

最終的には、自分で判断すべきことです。

しかし、そのためには判断材料が必要なので、ここでもう一度整理してみます。

 

下記の”車検の流れ”も参考にご覧ください。

shakenflow

 

 

 

 

こんな方にディーラー車検はおすすめ

 

・年式の高い(新しい)輸入車に乗られている方

輸入車(外車)の場合は部品調達やアフターサービス情報の問題もあり、ディーラーに頼むのが無難だと思います。

 

・面倒なことが苦手な方

自分で何もしたくないという方は、素直にディーラーに車検を出しましょう。

 

・今まで通りで良いと思っている方

車検に対して疑問もなく、費用も高いと思っていないのでしたら、今まで通りでいきましょう。

 

 

メリット

すべて任せれば手間がなく、安心できる

 

デメリット

車検費用がどうしても割高になりがち

 

 

 

 

こんな方にユーザー車検はおすすめ

 

・自動車に詳しい方、自動車が好きな方、フットワークの軽い方、技術系の方、冷静な方、平日に時間をとれる片、好奇心旺盛な方、まめな性格の方

 

もし、「まったく該当しないぞ」と判断された方はユーザー車検はやめましょう。失敗してしまう(時間ロス、コストアップ、精神的苦痛等)可能性大です。

 

逆に当てはまることが多い方は、ユーザー車検はおおいにありです。一番安く車検を通すことが可能です。代行業者を使わず、車検を”自己完結”できる人にはぜひおすすめです。

 

メリット

車検費用を一番安く抑えることが可能

 

デメリット

リスクや手間を覚悟する必要がある

 

 

 

 

 

 

これからしたい車検はコレ

 

手間なく、安心、リーズナブル

 

 

多くの方が車検に求めているのは、上記三点ではないでしょうか。

 

ディーラー車検の費用がグンッと安くなれば、条件を満たしてくれますが、現実は難しそうです。

 

一般の方にとって、ユーザー車検は”リーズナブル”だけしかクリアできないでしょう。

 

手間あり、不安、結果安くない、というようなことも起こり得ます。

 

 

 

やはり車検は”プロ”におまかせするのが正解です。

 

それも”リーズナブル”という条件をクリア可能な”プロ”に任せましょう。

 

ディーラーさん以外で候補となるのは、”民間車検場”といわれている陸運局長指定の「指定工場」です。

国の厳しいチェックのもと、指定を受けているので安心感もあります。

 

全国に29,000ほど「指定工場」はあるらしいのですが、一般の方には馴染みも薄いですし、どこに頼んだらいいかわからないものです。

 

 

 

しかし、探せばあるもので、時代のニーズを先取りした車検がありました。

 

今までの車検の常識が吹き飛んでしまいます。

 

いくつか列挙してみますね。

 

 

  • 料金がガラス張り(Web上にはっきり表示)
    車検費用がいくらかかるか”あいまい”にしているディーラーが多い中、ホームページに内訳を含めて明示しています。これは結構、革命的なことですね。

 

  • 車検が30分で完了
    さらにビックリなのが、これです。「ウソでしょ!」の世界です。今まで何日もクルマを預けていたのは何?っていう感じがします。ガソリンスタンドで洗車してもらう時間と変わりません。
    私たちが知らなかっただけで、車検場での検査そのものは時間のかかるものではなか ったんですね。

 

  • リーズナブル
    ホームページの料金一覧を見ていてこれまたビックリでした。自動車重量時税や自賠責保険料などの公的費用を除けば、車検費用は恐らく従来の3割から5割くらいは安くなりそうです。
    全国の指定工場(民間車検場)を組織化して、効率的な方法を徹底して追求した結果、早く、安く、安心できる車検を実現しているようです。

 

 

 

どこかの牛丼チェーンのキャッチフレーズみたいになってしまいましたが、手間なく、安心、リーズナブルな車検は検討してみる価値は大です。

 

 

 

 

 

 

タグ

このページの先頭へ